同窓会で再開したサークル時代のマドンナとカラオケでこっそりセックス

今回の「淫乱熟女との壮絶エロ体験談」は、けんちゃんさん(56歳 大阪府 自営業)からの投稿です。

大学時代のサークルで年に数回の飲み会に参加することになったけんちゃんさんです。
いつもは来ない昔から憧れていた先輩がなぜか3次会に行くことになったようです。
それで、カラオケボックスにいっていろいろ話していたら、回りは寝ちゃっていたようで。
そのあとに急にその中で彼女と盛り上がってしまったという、とってもうれしい経験談になります。
憧れだった大学時代の先輩と他の人が寝ているカラオケ内で性交

私が所属していた大学時代のサークルはアウトドア志向のサークルでしたが、実質的にはどんなことでも楽しいことはしようというような、まあいわばナンパなサークルでした。

それでも結構大学内にあるサークルの中では人気のあるサークルで男性が多いサークルでしたが、近くの女子大からも数名の参加者を集めるほどでした。

大学時代のサークルの飲み会に行ったときに

大学を卒業してからもサークル仲間では年賀状のやりとりや数年に1回の飲み会などを、自分たちの年齢に近い仲間達と開催することも少なくありませんでした。

その飲み会に参加する私の楽しみは大学時代から憧れていた先輩女性が参加することでした。

その先輩女性は飲み会にはいつも参加するというわけではありませんでしたが、二度に一度くらいは参加します。

1年上の先輩でしたが、私は大学に入るのに浪人をしたので実は年齢は同じでした。

外見的にはお嬢様タイプでかなり控えめな感じが私のど真ん中のタイプでしたが、大学時代に既に他の男性の先輩と付き合っていたので、私などの出る幕は全くありませんでした。

相当前に結婚されていたようですが、結婚相手は先輩ではありません。

昔の憧れていた先輩と3次会に行くことに

まあここまではよくあるパターンの話でしょうが、一番最後の飲み会では先輩女性はいつも一次会で帰るのですが、その時は何があったかわかりませんが、二次会も三次会も出席してくれたのです。

飲み会に参加する女性は既婚者がほとんどですので、一次会で帰ることが多いのです。

それでも二次会まで参加される女性もいますが、三次会ともなればほぼ数人の男だけというのがいつものパターンでした。

その時の三次会は既に終電が出たあとの時間でもあったので、私を含めた男性の友人二人とその先輩女性で始発が出る時間までカラオケボックスにでも行こうということになりました。

カラオケボックスではもうすっかり出来上がっており、どのような契機からかは忘れましたが、自分達の近況を真面目に話すような状況になってしまいました。

まあすでに3人とも50を超えた年齢だったので、生活の愚痴を言い合うという感じでした。

彼女は昔から自分のことに興味があると感じていました

それによれば先輩女性は数年前に離婚をされており、一人で暮らしているということでした。

私と彼女は少し真面目な話になっていたのですが、いつの間にかもう一人の友人はすでに酩酊しており、いびきをかいて眠ってしてしまいました。

私自身が家庭に不満などはありませんでしたが、彼女は家庭的にはかなり不幸な目にあったようでした。

話が進んでいくにつれてどうも彼女は、大学時代から私が自分のことを好きであったのではないかと疑っていたと言いました。

これはどう考えてもOKのサインということでしょう。

こうなってくると既に私も彼女もブレーキは外れていました。

年齢こそ熟女と呼ばれるような年齢になっていますが、彼女は可憐さは昔のままですし、薄暗いカラオケボックスの照明が彼女より若く見せていたことも確かでした。

みんながいるカラオケボックスでいろいろと

二人とも黙り込み目と目が合いました。そしてどちらかともなくキス。

しかし、それはキスというような美しいものではなく、唾液が混ざり合うような濃厚なチューになりました。

チューをしながらお互いにお互いの体を弄り合い、どんどんエスカレートしていきます。

もちろんカラオケボックスの中ですから、店員が声をかけないとも限りませんし、友人が絶対に目を覚まさないとも言えません。

誰かに気づかれるかもしれないと思うと興奮がマックスになりました。

もちろんこのような場所で行為に及ぶのは初めてなので興奮していましたし、昔から憧れの女性とついにこのような関係になる、ということをもその興奮をさらにプラスしました。

おそらく状況がそうさせたと思いますが、頭の中がぐちゃぐちゃになって、破裂しそうな行為をしたのは初めての経験でした。

私は自分が早漏であるという意識はありませんでしたが、あまりにも興奮が高まるような状況からいつもより相当早く射精してしまいました。

もちろんコンドームは持ち合わせていませんでしたので、射精する前に慌てて抜きましたが少し間違えば中に出してしまっていたかもしれません。

もちろん彼女も声を押し殺しながらの行為でしたが、かなり興奮していたようでした。

終わった後は何事もないようにまた飲みながら話をしましたが、彼女とはその一度だけでそれからのちに会うことはありませんでした。


PAGE TOP